【「01」発想講座】ポケモンGOをやらせたら…“コンプリート” 人工知能を職場に導入したら… (2/3ページ)

2016.08.05

「ポケモンGO」の大ブームをヒントに発想を広げたい
「ポケモンGO」の大ブームをヒントに発想を広げたい【拡大】

 実は、それと同じことが人工知能が導入された職場でも起きる可能性がある。これまで社員たちがコツコツと進めてきた仕事を人工知能があっという間に片付けてしまうからだ。そして職場は、人工知能だけが働き、人間には興ざめの場所となるかもしれない。

 そのとき人間はふて腐れてはいけない。人工知能が職場に普及したら、人間は一体どんな仕事をすればいいのかを考えるべきだ。

 人間だけにできる仕事−−それは「ポケモンGOを考え出す」仕事だ。

 たとえば、ポケモンGOと同じように、ARを使って新しいアトラクションやイベントを考え出すのもいい。“ポケモンGO2”を作るのでもいいし、「ジュラシック・パーク」や「スター・ウォーズ」などの映画をヒントにイマジネーションを膨らませ、ARやVR(仮想現実)の技術を使って新しいコンテンツを作り出すのもいい。それこそが人工知能時代の人間本来の仕事だ。

 現在、多くの日本の企業はIT(情報技術)で社内事務を効率化しようと、システム系の会社にさまざまな業務を依頼している。だが、効率化・合理化を目指す経営者たちの思いとは裏腹に、現場は本腰になっていない。システム化によって自分たちの仕事がなくなるのを恐れているからだ。多くの職場がITを使った「効率化」に対し、体裁だけ整えているのが現状だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。