東京五輪が終われば「人口減」と「高齢化」がやってくる 劇的変化は一部エリアのみ (1/2ページ)

2016.08.28

2020年東京五輪の選手村。終了後は分譲される予定だ(イメージ、招致委員会提供)
2020年東京五輪の選手村。終了後は分譲される予定だ(イメージ、招致委員会提供)【拡大】

 リオデジャネイロの五輪が終わった。次は2020年の東京だ。東京開催が決定したのは13年の9月。ちょうどアベノミクスが動き出した年だった。

 それまで停滞気味だった東京湾岸のタワーマンション市場は、五輪開催決定で一気にブームとなった。モデルルームには人が押し寄せ、次々に申し込みが入った。今では一部の物件を除いてほぼ完売してしまっている。

 そして今、五輪開催のブームで販売が好調だったタワーマンション群が次々と竣工。購入者たちの入居が始まった。

 選手村が設けられる東京都中央区の晴海から今後開発が進む勝どき、築地エリアにかけては、五輪開催後に街の様相が一変する可能性がある。

 なぜなら、まず五輪後の選手村は6000戸の住宅に生まれ変わり、1万2000人が住むという。

 隣接する勝どきエリアでは3000戸規模のタワーマンション建設が計画されている。

 その勝どきエリアに隣接する築地では市場が移転する予定。その跡地の一部が仮にマンションになったとすると、このエリアの住宅供給戸数はさらに1000戸単位で増える。

 現在、東京都中央区の人口は約14・7万人。今後、この晴海と勝どき、さらには築地エリアも加えた一帯だけで、数万人分の人口が増えそうだ。しかも、流入してくる人々は高額なマンションを購入できるか、それに見合った家賃を負担できるハイレベルな所得層である。

 周辺にはそういった所得層の需要をまかなうための商業施設やサービス施設が、次々に開業するだろう。街は今よりもうんと華やぐはずだ。

 ただ、東京五輪によって街が活性化しそうなエリアは、この晴海、勝どき、そして築地にかけての一帯のみ。それ以外では、あまり多くを期待できない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。