【「01」発想講座】超高層ビルや海底も“疑似体験” 360度カメラ変える未来 スポーツや報道も新時代到来 (1/2ページ)

2016.09.02

ヘッドマウントディスプレーには、ソニーのPlayStationVR用(写真)から、先週紹介したエレコムの「P−VRG03」まで、さまざまなタイプがそろっている
ヘッドマウントディスプレーには、ソニーのPlayStationVR用(写真)から、先週紹介したエレコムの「P−VRG03」まで、さまざまなタイプがそろっている【拡大】

  • <p>ヘッドマウントディスプレーには、ソニーのPlayStationVR用から、先週紹介したエレコムの「P−VRG03」(写真)まで、さまざまなタイプがそろっている</p>
  • <p>「THETA(シータ)S」</p>

 鳴り物入りで公開された「ポケモンGO」だが、少なくとも僕の周りでは一瞬にして飽きられた感がある。ゲームをAR(拡張現実=現実の空間の中に仮想空間を合成する技術)と組み合わせた点は秀逸だが、街中のポケモンをコレクションするだけにとどまっている点に、まだ改善の余地があると思う。

 ただ、ARやVR(仮想現実)が、これからますます注目すべき技術であることは間違いない。文章で説明してもなかなか実感はわかないとは思うが、今回はリコーの360度カメラ「THETA(シータ)S」を使って撮影した作品をヘッドマウントディスプレーを頭にかぶって見た世界を紹介しよう。

 シータは、ワンショット(=1回の撮影)で自分の周囲360度の空間を撮影できるデジタルカメラだ。写真だけでなく動画の撮影も可能で、被写体を自分のスマートフォンの画面でリアルタイムに見ながら撮影することもできる。

 撮影した画像・映像はスマホやパソコンの画面で閲覧できるのはもちろん、スマホ画面にタッチして指を動かしたり、マウスでパソコン画面をドラッグすると、360度ぐるぐると周囲を回しながら見ることができる。ヘッドマウントディスプレーをかぶって見れば、頭を動かすだけで上下左右をまるでその場にいるかのように見られる。

 このシータをドローンに取り付けて200メートル上空まで一気に浮上した3D映像を見たが、高所恐怖症の僕はその場で足がすくみ、悲鳴を上げてしまった。高層ビルの横を上昇する映像だったが、ふだん見慣れたビルだったため、いっそうリアルに感じた。

 ビルの周りをぐるっと回った映像は、まるで自分が鳥になったような気がした。「鳥たちはこんな世界で生きていて、こんなふうに人間を見ているんだな」と思った。これもある意味、“仮想現実”と言えるだろう。

 この仕組みを応用したゲームが、あるイベント会場で行われた。超高層ビルの屋上から1本の板が空中に伸びていて、その先にいる子猫を助けるというゲームだ。ヘッドマウントディスプレーをかぶって、その場を前に進むだけだが、プレーヤーの眼前には天空にかけられた1本の板しか見えない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。