明治安田生命保険・根岸秋男社長 『かんたん』『小口』『分かりやすい』保険を (1/3ページ)

★明治安田生命保険・根岸秋男社長(57)

2016.10.04

根岸秋男社長(撮影・伴龍二)
根岸秋男社長(撮影・伴龍二)【拡大】

 日本最初の生命保険会社という起源を持つ保険大手が、新しい保険商品シリーズをスタートさせた。保険になじみのない人でも簡単、手軽に入ることができるという。保険数理のプロとしての「理」と、契約者や従業員に対する「情」をともに大事にするトップに、その狙いを聞いた。 (中田達也)

 −−「かんたん保険シリーズライト!」という新たな商品群を投入しました

 「20代の方や女性を中心に保険に未加入の方が増えていることを背景に、『かんたん』『小口』『分かりやすい』というコンセプトにしました。商品は3種類ありますが、いずれも貯蓄性で、利回りの魅力も追求しました」

 −−具体的なラインアップは

 「『じぶんの積立』は1口5000円から5年間保険料を払い込んでいただきますが、いつ解約しても返戻金が保険料を下回りません。健康状態などの審査はなく、簡単な手続きでご加入いただけます」

 −−ほかの商品は

 「『ひとくち終身』という小口の終身保険は、50万円からご加入いただけます。ヘソクリをちょっと運用したいというイメージですね。教育資金の準備に適した『つみたて学資』もあります」

 −−元本割れしない商品を開発した狙いは

 「明治安田生命との最初の出合いのきっかけになる商品として、『じぶんの積立』は安心感を提供できるよう心がけました。さらに低金利の時代に10年の満期時の受取率は103%です。お客さまにとって分かりやすくて魅力的にするため、募集や維持、管理コストの低減を徹底しています」

 −−その後の展開も

 「営業職員がアフターフォローで長くお付き合いさせていただくなかで、お客さまが結婚したりお子さんが生まれたり、年齢を重ねたりすることで介護や医療など新たな保険のニーズの変化をとらえることができると思います。われわれの営業は畑を耕し種を蒔いていく農耕型営業です。花を咲かせるまで長期的なスパンで考えています」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。