【あと10万円増やす年金術】自分の年金額を知ろう 不足額を具体的に把握し、男性は85歳、女性は90歳まで対策を (1/2ページ)

★(2)

2016.10.24

日本年金機構の「ねんきんネット」で自分の年金を確かめよう
日本年金機構の「ねんきんネット」で自分の年金を確かめよう【拡大】

 公的年金は、老後の生活費のベースになるものだが、これだけで生活していくのは、厳しいと言わざるを得ない状況だ。

 だが、どのくらいの金額が不足するのかを知っておかなければ、有効な対策も立てられない。そのためには、まず、自分の年金額を知る必要がある。

 50歳以上であれば、いま支払っている年金保険料を60歳まで支払うという前提で、自分の年金額を知ることができる。厚生年金保険や国民年金の加入者には、毎年、誕生月に「ねんきん定期便」が郵送されているが、そこに、老齢年金の見込額が記載されている。

 ただし、そこに記載されている年金見込額は、厚生年金基金から支給される年金は、含まれていない。厚生年金基金にも加入していた人の場合、基金から支払われる年金も含めた年金額を知りたいのであれば、日本年金機構の「ねんきんネット」で、年金額を調べることができる。

 次に、老後資金としていくら必要なのかを、計算してみよう。そのためには、生活費とか住居費など、それぞれの支出に分けて必要な金額を出したほうが、より具体的になるだろう。

 自分や自分たち夫婦の老後の生活は、いまの生活の延長線上にある。よく「老後の生活費にいくら必要か」というような調査結果の数字を気にする人がいるが、これはあくまでも他人の数字である。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。