携帯電話の通信契約を格安SIMに! 安くて安定のドコモ回線FREETELに 契約はネットでも可能 最終的な切り替えは自分で (1/2ページ)

2016.11.01

(1)FREETEL
(1)FREETEL【拡大】

  • <p>(2)交換方法はまず電源を切ってから、iPhone6付属の器具をSIM取り出し用の穴に押し込む</p>
  • <p>(3)入っていたドコモのSIMを抜いて格安SIMに替え</p>
  • <p>(4)再起動して情報を確認すると「docomo」と表示されている</p>

 10月中旬、筆者は使用中のiPhone6の通信契約をドコモから格安SIMに乗り替えた。その体験を紹介しよう。

 きっかけは、使用中のiPhone6の本体分割支払いが12月で終わること。その後は「月々サポート」割引がなくなり、わずかだが高くなるのだ。納得できるわけがない。

 そこで、格安SIM(フリーSIM)をネットで調べてみた。非常に多くの業者・サービスがあり、選択は難しかったが、料金が安くてドコモ回線を使用しているFREETEL=写真(1)=に絞り込んだ。ドコモの料金には納得いかないが、通信エリアの広さやつながりやすさには満足しているからだ。

 FREETELはネット経由でも契約できる。だが、ネットでの手続きには不安があったので、代理店である大手家電量販店に行った。すぐに申し込もうとしたところ、販売員がこちらの事情を聴いてくる。おそらく、販売店にとって都合のいい通信業者を勧めたいのだろう。

 いちおう相談してみると、ほとんどスマホを使っていない筆者は、FREETELの「使った分だけ安心プラン」の音声通話付きで月額5000円近く節約できることがわかった。

 手続きは簡単。販売員がドコモへ電話をかけてくれ、筆者が本人確認や解約条件の合意など、5分ほどやり取りした後にMNP予約番号を電話口で聞いて解約手続きは終了。この番号を使ってFREETELの契約を済ませたが、SIMを受け取るまで30分以上待たされた。店頭なら早いとはかぎらないようだ。相談開始からSIM受け取りまで約2時間かかった。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。