ホンダの燃料電池車が航続距離589キロ達成! EPA評価で、今後に注目も

2016.11.05

ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエル セル」が航続距離589キロ達成!
ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエル セル」が航続距離589キロ達成!【拡大】

  • <p>ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエル セル」が航続距離589キロ達成!</p>
  • <p>ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエル セル」が航続距離589キロ達成!</p>
  • <p>ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエル セル」が航続距離589キロ達成!</p>
  • <p>ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエル セル」が航続距離589キロ達成!</p>
  • <p>ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエル セル」が航続距離589キロ達成!</p>
  • <p>ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエル セル」が航続距離589キロ達成!</p>
  • <p>ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエル セル」が航続距離589キロ達成!</p>

 ホンダが年末に米国に投入予定のFCV(燃料電池車)「クラリティ フューエル セル」が、EPA(米国環境保護庁)による評価で航続距離366マイル(約589km)を達成したそうです。

 テスラ「モデルS P100D」は315マイル(約507km)、トヨタ「MIRAI」は312マイル(約502km)となっており、ホンダによれば米国で販売されている電動車の中で最高の航続距離としています。

 「クラリティ フューエル セル」ではFCスタック(燃料電池本体)をV6エンジン並みにコンパクト化することでエンジンルーム内に搭載、5名がゆったりと乗車できるキャビンを実現しているのが特徴です。

 同社は水素ステーション数が多いカリフォルニア州で年内にリース販売(500ドル/月)を予定しており、燃料となる水素は無償提供されるようです。

 2017年には同モデルのシリーズ車として、PHVやピュアEVが追加される模様で、2050年を目処に、CO2企業総排出量50%減を目指すホンダの今後の電動化戦略が注目されます。 (Avanti Yasunori・画像:HONDA)

 【関連リンク】
 Honda Clarity
 https://automobiles.honda.com/clarity
 EPA(Environmental Protection Agency)
 https://www.epa.gov/fuel-economy

 画像付き元記事はこちら:ホンダのFCV「クラリティ フューエル セル」がEPA評価で航続距離589kmを達成!(http://clicccar.com/2016/11/01/412905/

clicccar クリッカー

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。