MRJ現地ルポ 米国で開発加速 日の丸ジェット到来に親日の町は歓迎ムード (1/2ページ)

2016.11.07

米西部ワシントン州モーゼスレイクでは、MRJ関係者の入居を見込み、マンションの建設が進んでいた=10月(共同)
米西部ワシントン州モーゼスレイクでは、MRJ関係者の入居を見込み、マンションの建設が進んでいた=10月(共同)【拡大】

  • <p>米西部ワシントン州のグラントカウンティ国際空港で、三菱航空機の格納庫に駐機するMRJ=9月(共同)</p>

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発する国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の試験機が初飛行してから11日で1年となる。10月に飛行試験を始めた米国を舞台に開発を加速させる方針だ。MRJが飛行試験を始めた米軍の訓練機が飛び交う米西部ワシントン州のグラントカウンティ国際空港は日の丸ジェット到来に、親日の町は歓迎ムードに包まれている。

 ◆「成功へ全面支援」

 西海岸シアトルから車で東に約3時間。空港は人口約2万人の湖畔の町モーゼスレイクにある。5本の滑走路のうち1本は、米国で最長クラスの4116メートル。ここに三菱航空機が設置した拠点が「モーゼスレイク・フライトテスト・センター(MFC)」だ。

 9月末、滑走路に面した広さ約6000平方メートルの格納庫で、試験1号機の周囲に技術者が集まり、エンジン内部をのぞき込んで作業していた。飛行中の通信やデータ解析を担う事務棟も併設する。晴れの日が多い現地では計画が天候に左右される心配が少ない。使える空域も日本より格段に広く、1日に複数回の飛行試験を実施できる。

 心強い味方になるのが、コンサルタント契約を結んだ飛行試験業務の専門会社エアロテックだ。シアトルに本社を置き、ボーイング機の開発に携わってきた実績がある。リー・ヒューマン社長は「MRJの成功のため全面支援する」と語り、従業員300人のうち約7割をMRJに投入する。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。