夫の小遣い値上げ術、心理カウンセラーが伝授 妻の“きょうだい型”で攻略 (1/2ページ)

2016.12.14

五百田達成(著)『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)
五百田達成(著)『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)【拡大】

  • <p>心理カウンセラーの五百田達成氏</p>

 クリスマスに忘年会、正月と物入りなこの季節。お父さんの小遣いを値上げして欲しいという願いも切実だ。なかなか首を縦に振ってくれない妻とうまく交渉し、金額を引き上げるにはどうすればいいのか。専門家に聞いた。

 「妻の“きょうだい型”によって、効果的なアプローチ方法は180度変わります」

 こう指摘するのは『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)の著者で、心理カウンセラーの五百田達成(いおた・たつなり)氏だ。

 「三つ子の魂、百まで」ということわざ通り、親やきょうだいとの関係性は性格や行動に大きな影響を与えるという。

 「妻が“しっかり者の長女”の場合は、日頃の家計管理の苦労をねぎらいながら、ひたすら下手に出るのがコツです。『ちゃんとやりくりしてよ』などと小言をいわれても、反論は禁物。男のプライドを振りかざすほど妻の態度は硬化し、値上げが遠ざかります。『ゴメン。でも今の金額だと厳しくて…』と弱々しく頭を下げ、姉御肌にすがる作戦が有効です」

 一方、妻が“家庭内のアイドル”として甘やかされて育った末っ子(きょうだいのいちばん下)の場合、重視すべきはズバリ、損得勘定だという。

 「長女のように、声を荒げて夫を責めることが少ない代わり、自分の得にならないことは一切しないというガンコな一面も。彼女たちを動かすには『週3回、風呂掃除するから』などと交換条件をちらつかせ、現実的に交渉する必要があります」

 では、妻が中間子(3人以上のきょうだいの長子と末子以外)の場合はどうか。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。