アサヒ、東欧ビール事業買収で海外事業てこ入れ 約8900億円に相応の収益確保課題

2016.12.14


【拡大】

 アサヒグループホールディングス(HD)が13日、東欧ビール事業の買収を決めたのは、2015年までビール類の国内市場が11年連続で過去最低を更新する中、国内だけで新たな成長戦略を描くのは難しいと判断したからだ。ライバルのキリンHDやサントリーHDは大型買収によって海外展開で先行する。出遅れるアサヒは収益性の高い欧州を軸に、海外事業のてこ入れを急ぐ。

 アサヒは10月、イタリアの「ペローニ」など旧SABミラー傘下の西欧4事業を約3000億円で買収したばかり。買収先の欧州拠点で18年にも主力ビール「スーパードライ」の現地生産を開始する予定だ。相次ぐ巨額買収により欧州でのスーパードライの販路拡大にもつなげる。

 豪州やブラジル企業を買収したキリンHDや、米酒造大手ビームを買収したサントリーHDの海外売上高比率は3割を超えている。

 アサヒは欧州での買収のほか、ベトナム国営ビールの買収も検討、13%の海外売上高比率を「早期に2〜3割に引き上げる」(小路明善社長)方針だ。

 ただ、今回の東欧5カ国のビール事業の買収額は激しい争奪戦の末に、約8900億円にまでつり上がった。一部報道で買収が伝わると、巨額の投資負担が嫌気され、13日の東京株式市場ではアサヒの株価が急落。同日の終値は前日比169円安い3497円だった。巨額買収に見合った収益を確保できるかが今後の課題になる。(大柳聡庸)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。