年末年始失敗しない酒選び ビジネスチャンスをグイッ (2/2ページ)

2016.12.21

酔っぱライター、江口まゆみ
酔っぱライター、江口まゆみ【拡大】

  • <p>「一目おかれる酒選び」</p>

 (3)原料の香味が出る「常圧蒸溜」の焼酎

 焼酎ブーム以降、焼酎党が増えているが、そのおかげで銘柄も増えすぎて選びきれない。いつも「霧島」を飲んでいる人に、何か新しい酒をおすすめして喜んでもらうにはどうすれば良いか。

 この場合、麦焼酎をチョイスするといい。といっても「いいちこ」や「二階堂」ではない。これらは「減圧蒸留」という蒸留方法なので、軽く淡麗な味わいが特徴だ。一方、一般的によく飲まれている芋焼酎は「常圧蒸留」という蒸留方法なので、原料の香味がダイレクトに出ている。

 そこでおすすめしたいのは麦焼酎でも常圧蒸溜。麦焦がしのような甘い香りと香ばしさが特徴で、芋とはまた違った旨さに感動してもらえるはずだ。 (酔っぱライター 江口まゆみ)

 ■えぐち・まゆみ 「酔っぱライター」として世界の地酒を飲み歩き、酒飲みの視点から、酒、食、旅に関するルポやエッセイを手がける。これまでに旅をした国は20カ国以上、訪ねた日本酒・焼酎・ビール・ワイン・ウイスキーの現場は100カ所以上にのぼる。SSI認定利き酒師、JCBA認定ビアテイスター。新著『ビジネスパーソンのための一目おかれる酒選び』が19日に発売。アマゾンで予約受付中。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。