内職ママが飲み屋のママに 癒やしと交流の場が大盛況 (1/2ページ)

2016.12.25

カウンターの中で「最近太っちゃって」と微笑む麗子ママ
カウンターの中で「最近太っちゃって」と微笑む麗子ママ【拡大】

 忘年会のシーズンだからというわけでもないが、会社勤めからの「二毛作」ではなく、飲み屋街で働く女性をご紹介する。サラリーマンの聖地といわれる東京・新橋。会員制クラブ「麗子」のママ、浦田麗子さん(64)は「姉は美人なんですけどね、私は不細工だからこういう名前を付けたんだって、親が言ってました」と声を上げて笑った。

 熊本県宇城市出身。親が離婚して義理の母に育てられた。父親は警察署の署長だったから特別貧しかったわけではないが、「家にいたくなかったので」小学生の頃からぶどう園やミカン工場、紡績工場などでアルバイト。高校を出て叔父が経営する商品取引の会社でOLに。21歳のとき「同じ職場の男性」と結婚し、2児に恵まれた。

 内職の履歴を聞いてびっくり。工業ミシンでカメラケースを縫ったり洋服のボタン付け、機械部品の穴開け、学習教材の付録詰め作業など「あらゆる仕事をやりました。教材の付録を袋に入れて配達すると、1冊50円もらえるんです」

 内職には生活苦のイメージがあるが、「そうじゃないのよ。家のローンを早く返したかったからなの」と話す。区役所の食堂に勤めたり友人と喫茶店を共同経営したこともある。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。