【あと10万円増やす年金術】60歳以上の個人事業主なら年金減額なし 在職老齢年金のしくみ (1/2ページ)

2016.12.26

60歳以上65歳未満の在職老齢年金
60歳以上65歳未満の在職老齢年金【拡大】

 60歳以降も、会社員として働き続ける人がいるが、厚生年金保険の適用事業所に勤務している70歳未満の人は、短時間労働者などを除いて、年金を受給していても、厚生年金保険に加入しなければならないことになっている。

 60歳以上で厚生年金保険に加入して働いていて、年金も受給する場合、年金と給料等の合計額が一定額を超えると、年金が減額されたり、支給停止される。60歳以降在職しながら受給する「老齢厚生年金」を「在職老齢年金」という。

 ここで「年金」というのは、「基本月額」のことで、これは加給年金額を除いた「特別支給の老齢厚生年金」の年金額を、12分の1にしたものである。また、ここで「収入」というのは、「総報酬月額相当額」のことで、これは、標準報酬月額と、その月以前1年間の標準賞与額の合計を12分の1にしたものの合計。わかりやすくいうと、現在の月収と、過去1年分のボーナスの金額を12分の1にしたものを合わせたものである。

 60歳以上65歳未満の人の場合、「基本月額」と「総報酬月額相当額」の合計額が28万円以下、65歳以上の人の場合は、47万円以下であれば、年金は全額支給される。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。