NY株続落、31ドル安 様子見ムード広がる

2017.01.11

 10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比31・85ドル安の1万9855・53ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は20・00ポイント高の5551・82と4営業日連続で終値の過去最高値を更新した。

 トランプ次期米大統領の記者会見を11日に控え、内容を見極めようと様子見ムードが広がり、相場は総じて方向感を欠く展開となった。

 ダウ平均は朝方マイナス圏で推移したが、その後は一時、2万ドルまで50ドル足らずに迫る場面もあった。欧州の株高が買い安心感につながった一方で、原油先物の値下がりでエクソンモービルなど石油株は売られた。

 市場では「トランプ氏が記者会見を無難にこなせば、ダウは2万ドルの大台を突破する」(米アナリスト)との観測が出ていた。米主要企業が今週以降、相次ぎ発表する四半期決算の内容が、当面の相場の方向を決めるとの声も上がっていた。(共同)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。