世界成長見通し、17年は2・7% 米国の政策が波乱要因

2017.01.11

 世界銀行は10日、世界全体の2017年の経済成長率が物価変動を除く実質で2・7%になるとの見通しを発表した。2・3%(推計値)だった16年を上回るが、トランプ次期米政権の政策が波乱要因になりかねないとの見方も示した。日本の17年は0・9%成長を見込み、16年の1・0%から減速すると見込んだ。

 世界全体の成長率は18年に2・9%に上昇する見込み。原油など資源価格の上昇を追い風に、新興国や途上国の景気が回復して世界経済の拡大をけん引するとみている。

 日本は、消費税率10%への引き上げ延期や経済対策の効果が期待できるが、「人口の減少や高齢化が成長の足かせになる」と分析。18年の成長率は0・8%と予想した。 (共同)

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。