東芝半導体新会社、中国企業の出資避けろ!手をさしのべる日本企業増える 内外から食指、買いたたき懸念 (1/2ページ)

2017.01.23

東芝の半導体分社への出資で名前が浮上している顔ぶれ
東芝の半導体分社への出資で名前が浮上している顔ぶれ【拡大】

 東芝が検討する半導体事業の分社、外部からの資本参加の募集をめぐり、国内外のファンドや企業が続々と出資に名乗りを上げている。英投資ファンド「ペルミラ」など10社程度が意欲を示しており、多くの募集をかけて売却額をつり上げれば、米原子力発電事業で見込まれる巨額損失を穴埋めできる可能性がある。だが、出資受け入れ期限の3月末までは時間が限られており、不利な条件を提示されて十分な資本増強につながらない懸念も出ている。

 ◆虎の子事業の魅力

 東芝は半導体の主力商品「フラッシュメモリー」事業を分社化し、株式の2〜3割を売って数千億円の資金を調達する方針だ。生産で協業する米ウエスタンデジタル(WD)から出資を受ける案があるが、シェアが高くなり、独占禁止法の審査で時間がかかる恐れがある。

 このため、東芝は取引先やファンドに入札で声をかけている。三井住友銀行やみずほ銀行などの主力取引銀行や日本政策投資銀行は傘下のファンドを通じた出資を検討。長年取引のあるキヤノンのほか、半導体製造装置大手の東京エレクトロンも検討しているようだ。半導体分野の買収に積極的な中国の紫光集団までもが関心を示す。

 一方、外資系ファンドも英ペルミラのほか、米ベインキャピタル、米シルバーレイク・パートナーズ、米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が名乗りを上げる。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。