春闘、自動車労組がベア3000円要求 どこまで引き出せるかが焦点

2017.02.16

 春闘相場をリードするトヨタ自動車や富士重工業など自動車大手の労働組合は15日、要求書を提出。各社の労組は足並みをそろえ、ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として2016年と同額の月額3000円を要求した。主要市場の米欧で保護主義的な動きが広がるなど経営環境が悪化しており、どこまでベアを引き出せるかが焦点となる。

 電機大手各社は16日までに要求書を提出する。大手企業の集中回答日の3月15日に向け、17年春闘の労使交渉が本格的にスタートした。

 賃上げによる経済の好循環の実現を目指す安倍政権主導の「官製春闘」は4年目。経団連の榊原定征会長はベアにこだわらず年収ベースでの賃上げを呼び掛けている。

 自動車大手7社の16年4〜12月期連結決算では、円高の進行などで6社が減収となった。最近は円安に振れているものの、トランプ米政権は日本との通商交渉で円安の是正を要求してくるリスクがある。

 欧州では、今春にも英国の欧州連合(EU)離脱交渉が始まる。中国経済も減速しており、自動車や電機といった世界市場で競争を繰り広げる企業にとって、先行きの不透明感が強まっている。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。