東急不動産・大隈郁仁社長「不動産の管理事業は伸びしろが大きく、先が楽しみ」

2017.02.16

東急不動産ホールディングス・大隈郁仁社長
東急不動産ホールディングス・大隈郁仁社長【拡大】

 「不動産の管理事業は伸びしろが大きく、先が楽しみだ」と話すのは東急不動産ホールディングスの大隈郁仁社長(58)。同社は不動産管理を都市開発やマンション販売と並ぶ中核の事業と位置付けている。

 建物の維持に必要な清掃や点検、補修などが管理事業に含まれる。手掛ける物件はオフィスビルやマンション、大型商業施設のほか、仙台空港や参議院議員会館など幅広い。「管理が民間企業に委託される公的施設が増える」と話し、商機拡大を狙う。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。