企業のブランド価値「トヨタ」が9年連続1位 「スバル」は初のトップ10

2017.02.17

 コンサルティング会社のインターブランドジャパン(東京)は16日、世界で事業展開している日本企業の2017年のブランド価値ランキングを発表した。「トヨタ」(トヨタ自動車)が09年の集計開始以来、9年連続でトップとなるなど、上位10位の半数を自動車が占めた。

 海外売上高比率が30%以上の日本企業を対象に、財務などの独自分析によりブランド価値を金額に換算し、ランク付けした。2位の「ホンダ」、3位の「キヤノン」など、1位から9位までは前年と変わらなかった。

 自動車関連では「スバル」(富士重工業)が10位となり初めてトップ10に入るなど、40位までに「マツダ」「スズキ」など11ブランドがランク入りした。一方、燃費不正問題があった「ミツビシ・モーターズ」(三菱自動車)は前年の35位から40位に順位を下げた。

 インターブランドジャパンの並木将仁社長は東京都内の発表会で「日本の自動車産業が構築しているブランド価値は伸びてきている」と話した。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。