韓国、景気減速で16年主要5社の新車販売微増 中古は前年に続き過去最高を更新

2017.02.19

現代自動車系列の部品メーカー、現代モービスの工場でダッシュボードを組み立てる作業員=韓国・忠清南道(AP)
現代自動車系列の部品メーカー、現代モービスの工場でダッシュボードを組み立てる作業員=韓国・忠清南道(AP)【拡大】

 韓国は、2016年の主要自動車5社の新車販売台数が158万8572台で前年比0.6%増にとどまった。景気減速で需要が伸びなかったのが要因だ。一方で、不景気に強いとされる中古車販売は約378万台となり、前年に続いて過去最高を更新した。現地紙コリア・ヘラルドなどが報じた。

 16年の主要5社別新車販売台数は、現代自動車が同7.8%減の65万8600台で首位。2位は現代自動車傘下の起亜自動車で1.3%増の53万5000台、3位はGMコリアの14.0%増の18万台だった。以下、ルノーサムスンが39.0%増の11万1100台、双竜自動車が3.9%増の10万台3600台と続いた。

 2位以下のメーカーがシェアを拡大し、最大手の現代自働車だけが販売を減らした。同社は今年の販売目標を68万3000台に設定し、新モデル投入で販売回復を図るとしている。

 同国の国土交通省によると、中古車販売台数は12年の328万台から13年が337万台、14年が346万台、15年が366万台と増加が続く。中古車の質と耐久性が高まって信頼が増していることや、インターネットなど取引手段が広がったことなどが要因とみられている。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。