「辛ラーメン」輸出額1億ドル超! 韓国、即席麺の輸出10年で3倍…中国もお得意様、前年比94%増

2017.02.20

 韓国は、即席麺の輸出が好調だ。同国の農林畜産食品省によると、2016年の輸出額は2億9040万ドル(約332億円)で前年から32.7%の大幅増となった。06年の1億260万ドルから10年間でおよそ3倍に増えた計算だ。輸出先は100カ国・地域に及んでおり、同国の食品輸出の成功例として牽引(けんいん)役の役割を期待されている。現地の聯合ニュースなどが報じた。

 16年の即席麺の前年比輸出増加率を国別にみると、タイが155.8%、中国が94%、ベトナムが90.4%だった。アジア地域の伸びが目立つが、米国や中東、欧州の各国でも堅調な伸びを示したという。業界関係者は、特に東南アジア地域などを中心に、辛みを追求した商品が人気を集めたと分析している。

 メーカー別の輸出額では、国内最大手で1986年に発売された大ヒット商品「辛(シン)ラーメン」を製造・販売する農心(ノンシム)が前年比7%増の1億500万ドルでトップだった。同社は国外でも製造工場を稼働させており、国外売上高は同15%増の6億3500万ドルに達したという。

 また、国内2位の三養(サムヤン)ラーメンも主力商品の「ホットチキンラーメン」が中国やインドネシア、マレーシアなどで好調だったこともあり、41カ国に950億ウォン(約95億円)を輸出した。

 16年の韓国は農産品・食品の合計輸出額が64億7000万ドルで前年比増加率が5.9%であり、即席麺の好調ぶりが際立つ。重工業分野の輸出不振が続く韓国は、食品輸出の増加を目指している。なかでも、世界で多くの国々に受け入れられている即席麺は今後の成長に関心が高まりそうだ。(ソウル支局)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。