勢い増す「ファーウェイ」シリーズ ミドルレンジからハイエンドまで、自分好みの機種が手に入る (1/2ページ)

2017.02.28

ファーウェイはスマートフォンのニューモデルとして、5型スクリーンの「nova」と5.2型の「nova lite」の発売を発表した
ファーウェイはスマートフォンのニューモデルとして、5型スクリーンの「nova」と5.2型の「nova lite」の発売を発表した【拡大】

 ここのところのファーウェイの勢いがすごい。先週は、スマートフォンのニューモデルとして、5型スクリーンの「nova」と5.2型の「nova lite」の発売を発表した。

 同社の2016年のスマホ販売台数は1.39億台で、前年比29%増だという。これは、業界全体の伸び率をはるかに上回る数字だ。特にミドルレンジ、ハイエンドスマホの販売量では、全世界の36%を占めるという。

 日本におけるシェアはまだ低いが、SIMロックフリースマホではASUSをわずかに抜いて1位だ。日本におけるスマホのラインアップとしては、ビジネスフラグシップのMateシリーズ、ファッション&フォトフラグシップのPシリーズ、他にミドルレンジのHonorなどがある。今回のnovaシリーズは、若者向けのフラグシップとして位置づけられている。

 つまり同社は、ミドルレンジからハイエンドまでのスマホを1社でほぼスキなく並べることができる希有なメーカーだということだ。novaシリーズにしても、novaとnova liteはスペックを見ても詳しい人にしか違いがわからない。スクリーンサイズもわずか0.2型分しか違わないし、重さの違いもわずか1グラムだ。だが、実際に手に取ってみると、持った感じがまったく異なることに気がつく。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。