年金運用10兆円超の黒字、四半期で過去最高益 15年度は5・3兆円の赤字も

2017.03.04

 厚生年金や国民年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2016年10〜12月期の運用結果が、10兆円を超える黒字となった。トランプ氏が勝利した11月の米大統領選後から国内外の株価が上昇し、円安ドル高も進んだことから外国資産を中心に評価益が膨らんだ。四半期の運用益としては01年度に市場運用を開始してから過去最高。

 GPIFは14年10月に運用資産の構成を見直し、国内外の株式の目安を計50%に倍増させた。15年度は年間で約5兆3000億円の赤字を出したが、今回は反対に大幅な黒字となった。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。