三越“伝統芸”クーデターか…業界では「またお家騒動」の指摘 伊勢丹出身の大西社長退任

2017.03.09

 「なぜだ」という言葉は出たのか…。

 百貨店最大手の三越伊勢丹ホールディングス(HD)で、伊勢丹出身の大西洋社長(61)が退任する突然の人事は、三越出身の石塚邦雄会長らが主導したとみられる。1980年代のクーデター劇で知られる三越だけに、業界内では「またお家騒動か」との指摘もある。

 2008年に経営統合した三越と伊勢丹だが、その後、リストラ対象となった店舗は旧三越が大半だった。昨年11月には、大西氏が社内で機関決定していない段階で伊勢丹2店、三越2店をリストラ対象に挙げたことで、旧三越側の不信感が強まったという。

 8日付の日本経済新聞は、多くの新規事業を進めた大西氏に現場が反発し、労働組合が辞任を要求。石塚会長が大西氏に辞任を迫ったと報じた。大西氏は3月末で退任、石塚氏は6月の株主総会まで会長を続投する。

 旧三越は1982年に当時の岡田茂社長のワンマンぶりに経営陣が反旗を翻して取締役会で解任する「クーデター」を起こした。岡田氏が発した「なぜだ」という言葉は流行語にもなった。

 大西氏は一部で退任が報じられた6日朝、記者団に「私からは何も申し上げられません」と語った後、「会社というのはいろいろありまして」と寂しげに続けた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。