終活をきちんと学びたい…資格取得は検討の価値あり

2017.03.20

 Q.終活をきちんと学びたい

 A.体系的に学べて、目標や達成感も持てる資格取得は検討の価値あり。

 「終活について調べ始めたら、あれもこれもと知りたくなり、一度本格的に勉強してみたくなりました。そこでいまは、終活関連の資格取得をめざして勉強しています」

 こう意気込みを語るAさん。ここでいう資格とは、民間の団体が認定しているもののこと。職業としてカウンセリングでもしない限り、必要のないものかもしれないが、一種の習いごととしてやってみても面白そうだ。

 それというのも、終活は相続や遺言、財産関係、介護、葬儀、墓などさまざまなテーマが入り組んでいる。必要とされる知識も法律やファイナンシャルプランナー、心理学に加え、事例研究も欠かせない。これだけ広範なテーマを効率よく、体系的に、そして楽しく学ぶには資格取得がうってつけというわけだ。

 代表的なところではユーキャンの「終活アドバイザー」、キャリアカレッジジャパンの「終活プランナー」、終活カウンセラー協会の「終活カウンセラー」などがある。

 終活アドバイザーと終活プランナーは、学習期間が3〜4カ月だから、時間をかけてじっくり学びたい人に向いているだろう。終活カウンセラーの初級は講習と筆記試験のみで、エンディングノートを自分で書けるレベルが認定の基準だという。こういったライトなものから最初の一歩を踏み出してみてもいいだろう。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。