伝統と格式守り集客増やした「スイーツ巡礼」 「若い女性」にターゲット絞ったお坊さんの戦略 (1/2ページ)

2017.03.22

お寺の良さを見直すきっかけになった「スイーツ巡礼」=奈良県明日香村の岡寺
お寺の良さを見直すきっかけになった「スイーツ巡礼」=奈良県明日香村の岡寺【拡大】

 桜の便りが待ち遠しい季節。花見を兼ねて、のんびりお寺にでも行ってみようか、などと考える人は多いかもしれません。

 なんといってもお寺は浮世から離れた存在。日頃の仕事も忘れさせてくれそうですから。

 しかし、そのお寺が今、マーケティングやPRにとても熱心なのです。しかもノウハウが半端なく、「伝統と格式を守る」をミッションに“何も変えずにPR戦略を打ち出す”といったスゴ技を使われるのですから見逃せません。早速、最近の事例をご紹介しましょう。

 近畿地方の寺院で構成する「西国三十三所」は約1300年の歴史を誇る日本最古の巡礼路。京都の清水寺や醍醐寺など世界遺産を含む古刹の33寺院が名を連ねています。一見、浮世のビジネスなど関係なさそうですが、よく聞けば「巡礼者の高齢化を何とかしなければ!」と考えておられました。また、構成する寺院のブランド力が強いため巡礼路の印象が薄れ、「巡礼といえば四国八十八所」と言われることも「よろしくない」とお考えのようです。

 そこで来年、草創1300年を迎えることを機に33の寺院が一丸となって巡礼路のPRを行うことになりました。しかし歴史深い寺院は簡単に新しいことに挑戦することはできません。何も変えずに巡礼者の高齢化を止める、つまり若い人々の注目を集める工夫が必要になるのです。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。