注目高まる「シェア畑」…全国60カ所超 手ぶらで野菜づくり、菜園アドバイザーによるサポートも (2/2ページ)

2017.03.22

注目のシェア畑。親子で汗を流し、青空の下で収穫するのは格別だ
注目のシェア畑。親子で汗を流し、青空の下で収穫するのは格別だ【拡大】

  • <p>青空の下で収穫するのは格別だ</p>

 プロの農家や菜園アドバイザーによるサポートも手厚い。実演付きの「育て方」講習会が月1回開かれるほか、個別の相談にも乗ってもらえる。

 「子育てが一段落したご夫婦が、定年後に向けた新しい趣味として始められるケースが多いですね。世代でいうと40代後半から50代、60代前半ぐらいの方が全体の7割を占めます」(同担当)

 畑の場合、プランター栽培などに比べて土の保水能力が高いため、水やりの手間は意外とかからない。週1回通えれば、十分だという。では、野菜はどれぐらい収穫できるのだろうか。

 「天候にもよりますが、10平方メートルの区画の場合、おおよそミニトマト160個、きゅうり100本、ピーマン60個、枝豆600さや、にんじん50本など15品目程度の野菜が収穫できます」(同担当)

 いざ、夫婦で新しい趣味を始めるとなると、とかく意見が食い違いがち。「道具が邪魔」「ホントにうまくいくの?」といった、妻の心配や小言を解決してくれる新しいサービスだ。 (島影真奈美)

 ◇

 詳しくは、「シェア畑」のホームページ(https://www.sharebatake.com/)で確認を。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。