サムスン電子、株主に陳謝 会長が「違法な支援はなかった」と説明

2017.03.25

サムスン電子の定時株主総会であいさつする権五鉉副会長=24日、ソウル(代表撮影・共同)
サムスン電子の定時株主総会であいさつする権五鉉副会長=24日、ソウル(代表撮影・共同)【拡大】

  • <p>サムスン電子の定時株主総会であいさつする権五鉉副会長=24日、ソウル(代表撮影・共同)</p>
  • <p>ソウル市内で開かれたサムスン電子の定時株主総会=24日(代表撮影・共同)</p>

 韓国の電機大手、サムスン電子は24日、ソウル市で定時株主総会を開き、サムスングループが朴槿恵前大統領の親友、崔順実被告側に贈ったとされる資金について、権五鉉副会長が「違法な支援はなかった」と説明した。副会長の李在鎔被告が起訴されたことを念頭に「物議を醸し申し訳ない。経営活動や寄付に関し、透明性を確保する」と陳謝した。

 また、スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリー発火問題を受け、申宗均社長は「ノート7の経験を大きな教訓とする」と述べ、「品質最優先」の方針を改めて強調した。

 一方、昨年11月に検討方針を示した持ち株会社設立など企業統治構造の改革について、権氏は「現段階で実行は容易でない」と述べ、慎重姿勢を示した。

 李被告は、サムスングループによる崔被告側への資金拠出が、朴政権による便宜供与を期待した賄賂と見なされ、2月に逮捕、起訴された。グループは李被告らの起訴を受け、経営の司令塔「未来戦略室」などの解体を発表している。(共同)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。