本格展開スタートの「LINE MOBILE」は大手志向!? (2/2ページ)

2017.03.28

発表会に登壇した女優ののん。同社CMに起用された
発表会に登壇した女優ののん。同社CMに起用された【拡大】

 また、これまでは自社サイトとアマゾンだけだった扱いを、ビックカメラ、ヨドバシカメラといった量販店でも即日開通できるようにする。サービス面に加え、ユーザーとの接点も拡充する戦略だ。さらに、知名度を上げるために、女優ののんを起用したテレビCMも開始する。

 同社によると、月々の基本利用料も大きく成長しているようで、ユーザーは、月間データ容量の多い上位のプランを選ぶ傾向にあるという。1人当たりの月額料金が伸長しているのは、音声通話が多くなった結果ではない。SNSだけにスマホを使うのではなく、より広い用途に使われるようになったためだそうだ。現在、全通信量のうちカウントフリーの通信は約3割に過ぎないという。

 筆者は、大手キャリアではできないサービスを提供し、大手とは異なるサポートでコストを削減することがMVNOの特徴のように思っていた。実際、LINE MOBILEもそれをやってきたように思う。だが、どうも最近は、大手と同じになりたいMVNOが目立つようになってきた。印象としては「LINEよ、おまえもか」なのだが、この先どのように展開していくのだろうか。 (山田祥平)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。