新入社員に望む3つの心得 一人前になるための「必要条件」と「十分条件」 (1/2ページ)

2017.03.30

16日に行われたセブン&アイ・ホールディングスのグループ22社の入社式
16日に行われたセブン&アイ・ホールディングスのグループ22社の入社式【拡大】

 今週末あるいは遅くとも来週初めには各社が新入社員を迎える入社式を行う。人手不足で「売り手市場」と言われた世代だが、一人一人は何を心掛けたらいいのだろうか。

 本稿では、新入社員を教育する先輩社員の立場からの注意点と、それに加えて新入社員が何をしたらいいかに関するアドバイスを両方述べよう。一人前になるために、前者は言わば「必要条件」で、後者は「十分条件」のようなものだ。

 さて、指導役の先輩社員は、新入社員を破綻なく会社生活になじませなければならない。世相を考慮するなら、パワハラを疑われてはならないし、「仕事を教えてくれない」といった批判を浴びるのもまずい。

 先輩側から見た、入社1年目でこれだけできればいいという条件は、「無遅刻」「無借金」「挨拶」の3点だ。

 新人が心身の不調に陥らずに毎朝出勤して来るように、相手の健康状態や時間の使い方を把握しつつ、会社の時間帯に合った生活のリズムを作るサポートがまずは必要だ。「当たり前だろう」と突き放すのは、今時の新入社員に対しては危険だ。

 また、新人は、お金の管理ができない場合がある。入社2、3カ月後に、カードローンなどの借金がないかを把握しておくことが必須だ。大きなトラブルになる前に、早く手を打つことが肝心だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。