【「01」発想講座】「しゃべるAI」搭載したスマホ (1/3ページ)

2017.04.04

「Echosim.io」
「Echosim.io」【拡大】

 社会の急速なデジタル化・情報化で、われわれはテキストメッセージ漬けになっている。そのストレスの反動か、“生身の人間”に接したい欲求が高まっているようだ。

 知人のTさんは「最近は本屋に行っても表紙を斜め読みするだけで、本を買わなくなった。文字を読まなくなったね。でも、その著者の講演会なりセミナーには行ってみたい。直接、その人の声で話を聞きたい」と言う。

 文章は文字という記号によるメッセージだが、人の話を直接聞くというのは、その人の声の調子や語り口、目の動き、顔の表情、身ぶり手ぶりなどから、言いたいことが感じ取れる。それが心に迫り、メッセージはより深く聴き手に伝わる。

 コンピューターはキーボードでプログラム言語を打ち込むことから始まった。その後、マウスが発明されて視覚的にコンテンツを操作できるようになり、一般人が使えるパーソナルコンピューターが誕生した。

 やがてインターネットとウェブブラウザーが登場し、検索で世界の情報を知ることができる情報化時代がやってきた。そして今では、スマートフォンでどこでも検索やコミュニケーションがとれるようになっている。いずれも、やり取りはテキストが主体だ。

 だが、今年後半からは「しゃべるAI(人工知能)」を搭載したスマホが登場するだろう。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。