「集めて味付け」の手法 「奇妙な場所」が多い青森がパワスポ最強県に (1/2ページ)

2017.04.05

パワースポットのひとつ「十二本ヤス」=青森県五所川原市
パワースポットのひとつ「十二本ヤス」=青森県五所川原市【拡大】

 春の観光シーズンが到来しました。これからゴールデンウイークにかけて、全国各地で観光客の誘致合戦が展開されます。しかし一方で、「うちには売り出すものが何もない」と諦めている地域が多いのも事実。そこで今回は、売れないものを売るために有効な「集めて味付けする」という手法をご紹介します。

 例えるなら、雑魚にしか見えない小さな魚をたくさん集めて味付けすると「高級ちりめんじゃこ」になるようなもの。地域の資源も同じ手法でいきなりお宝に変わることがあるのです。

 約5年前、私は青森県に一見、奇妙なスポットがたくさんあることを知りました。たとえば県中部にある「キリストの墓」は、なぜ青森にあるのか不思議ですが、地元では本物のキリストは青森に上陸したという定説があります。

 また奥深い山中には、どんなに枝を切り落としても必ず12本揃う「十二本ヤス」という大木があり、津軽の神社の鳥居には「鬼コ」と呼ばれるカラフルで小さな鬼が座っています。いずれもそれだけでは、青森に観光客を呼べる魅力にはならないでしょう。むしろ「なんだか怖い」と避けられてしまいそうです。

 しかしそんな奇妙なスポットが県内にたくさんあることは、とても魅力に思えました。「パワースポットの集積地」と表現できるからです。しかも青森県には、かの有名な恐山があります。恐山と抱き合わせで県内の不思議スポットを売り出せば、青森は世界有数のパワースポットエリアになるかもしれません。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。