中国外貨準備3兆ドル台維持 「元急落」懸念で資本規制強化へ

2017.04.08

 中国人民銀行(中央銀行)は7日、3月末の外貨準備高が約3兆91億ドル(約333兆円)だったと発表した。2月末と比べ約40億ドル増え、3兆ドルの大台を維持した。増加は2カ月連続。当局が資金の海外流出を防ぐための資本規制を強化したことで、外貨準備として保有するドルを売って元を買う為替介入を行う必要性が薄らいだためとみられる。

 中国は元相場の下落を防ぐために大規模な為替介入を繰り返し、1月末には3兆ドルの大台を下回った。市場では、外貨準備の減少が続けば、いずれは当局が相場を支えきれなくなり、元は急落するとの懸念が強まっていた。

 このため当局は昨年11月ごろから外貨準備を減らさずに元相場の安定を図ろうと、企業や個人に対して元の外貨への両替や、資金の海外送金などを制限する措置を相次いで導入。元安要因となる資金流出そのものを抑える規制を強化している。(共同)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。