構造改革、人手不足…デニーズ「フル接客」見直しの狙い 全店にセルフ式ドリンクバー導入

2017.04.10

 ファミリーレストラン大手のデニーズが、1974年に1号店をオープンした当時からの接客手法を見直すことが分かった。客席を回ってコーヒーをつぐなどの「フルサービス」が競合他社との大きな違いだったが、今後1年程度かけて基本的に全店舗にセルフ式のドリンクバーを導入する。構造改革の一環で、人手不足に対応する狙いもある。

 運営会社セブン&アイ・フードシステムズの小松雅美社長は5日、共同通信のインタビューに対し「自分たちの考え方に固執し、顧客のニーズの変化に対応できていなかった」と理由を説明した。前年割れが続く既存店の売上高や客数の改善にもつなげたい考えだ。

 ドリンクバーは最新型装置を導入し、約50種類のメニューに対応する。コーヒーは同じグループのコンビニで定評のある「セブンカフェ」を採用した。

 フルサービスはレストランらしさを重視したものだったが、小松氏は「会話の腰を折られるといった声も増えていた」と指摘した。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。