生鮮販売スタートのアマゾン、迅速化で配達員不足に拍車も…

2017.04.18

 アマゾンジャパンが21日から、最短で即日で届ける生鮮食品販売「アマゾンフレッシュ」を開始することが17日分かった。システムトラブルや宅配事業者との調整などで当初の予定からずれ込み、4月下旬のサービス開始となった。

 アマゾンフレッシュは、毎月の会費を支払った会員向けに魚や野菜など日持ちのしない生鮮食品を注文した当日や翌日に配送するサービスで、すでに米国や英国の一部で始まっている。

 日本でもこれまで何度も開始が取り沙汰され、3月以降は、商品を提供する事業者や配達業者が開始の準備を進めていたが、システムトラブルのほか、人手不足が社会問題化している配達業者とアマゾンの間で交渉が長引いたとみられる。

 ただ、生鮮食品の配達は迅速さが不可欠なため、配達員の不足に拍車をかける可能性もある。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。