【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】朝ドラ「ひよっこ」は団塊世代応援歌 “でこっぱち”有村架純がカワイイ (1/2ページ)

2017.04.20

有村架純
有村架純【拡大】

 4月から始まった、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、放送開始からノックアウト!

 毎日欠かさず、かぶりつきで見ています。

 何がいいかって、全てがいい。舞台は昭和39(1964)年の東京オリンピック直前の日本。全てに夢と希望が満ち溢(あふ)れていた時代で、団塊世代は輝いた青春時代をノスタルジックに見られます。一方、若者は2020年の東京オリンピックを前に、最初のオリンピックはこんな感じかと、新鮮に映るでしょう。

 まず感激したのは、桑田佳祐の主題歌「若い広場」。たまりません。どこか聞いたことのある懐かしき昭和メロディーですが、オリジナルです。実は桑田さん、昭和歌謡が大好きで、原由子のアルバム「東京タムレ」に参加しています。桑田&原のデュエット「いつでも夢を」は絶品です。タイトルの「若い広場」は、NHK教育の若者トーク番組の名前と一緒。ツボをつかんでますな。

 しかもオープニングCGは、有名ミニチュア作家が作った凝ったもの。家の炊飯ジャーやらグラスやらで街を作って、そこでミニチュア市民が元気に生活を営む。近年まれにみるオープニングの傑作です。

 話はヒロインの谷田部みね子(有村架純)の成長物語で、茨城県の田舎の高校を卒業して東京に集団就職し、さまざまな体験をするって、映画「ALWAYS三丁目の夕日」の堀北真希と設定が似てますな。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。