年齢重ねると立って行う調理が負担に… 座って使えるキッチン導入も一案 

★生活をより快適に(3)

2017.04.20

手軽な「楽々StyleK」(提供:亀井製作所)
手軽な「楽々StyleK」(提供:亀井製作所)【拡大】

  • <p>自分仕様のキッチンができる「ウエルライフ」(提供:LIXIL)</p>

 年齢を重ねると、身長が縮んで、背中や腰が曲がり、日常生活の中でも、立って行う調理が負担になる。弁当を配達してもらう方法もあるが、自分で栄養のあるものを作れば、身体を動かし、脳にもよい刺激を与える。

 そこで、座って使えるキッチンの導入を考えてはどうか。水回りのリフォームを考えているなら早めに設置しておくのも手だ。

 LIXIL(リクシル、東京都千代田区)の「ウエルライフ」は、オーダー製品ならではの使いやすさが特長。

 調理台の高さは73−85センチまで、1センチきざみで13種類から選べる。座ったまま手が届く位置にある棚は、斜めにカットしてあり取り出しやすい。シンクは、座ったままでも水はねがしにくい深さ12センチ。水栓は座ったままシャワーヘッドを引き出せて、手元の作業も楽になる。

 IHにすれば火災の不安もなくなる。3口IHも選択可能で、この場合、30A、200Vの配線が必要だ。ガスからの変更もできるが電気工事が必要になる。選択する機種により費用が異なるものの、複数の種類があり最も人気の写真のタイプ(I型240センチ)で86万3300円(税別、以下同)。別途工事費が必要だ。

 ミニキッチンのメーカー、亀井製作所(岐阜県加茂郡)が手がける「楽々Style K」はL型だ。カウンタートップ面が75センチの固定タイプで、シングルレバー混合水栓が導入されている。吊戸棚やキャスターつき収納ボックスを設置することができる。

 こちらもオーダー制で納入エリアは三大都市圏が中心。仕様を確定して、注文後約4週間程度の時間が必要だ。

 写真のウォールユニットタイプはIHつきで参考見積もり56万円。他のサイズや種類もある。工事費は依頼先などによって異なるものの、目安として8万円程度みておきたい。 (不動産・住生活ライター 高田七穂)

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。