発想年齢で定年決めて! 「まだまだ活躍できる人材が肉体年齢で辞めさせられている」

2017.04.25

関根弘一さん
関根弘一さん【拡大】

 関根弘一(せきね・ひろかず)さん(65)は大手メーカーでイメージセンサーの開発に従事していました。会社員時代には、起業についてまったく考えていなかったそうです。

 定年退職後、後輩の誘いでコンサルタントとして企業を一緒に回り始めました。そこで、たくさんのモニター画面を監視している光景を目にします。そのとき、自らのイメージセンサー技術を生かした事業を思いつきました。

 「モニター画面を四六時中見ているのはストレスです。必要な時にしか画の出ないモニター画面にすれば、モニターする側のストレスを軽減し、省エネはもちろん、小型化、低コストも実現できるのです」(関根さん)

 関根さんは特許を取得し、2015年7月に株式会社SEtech(http://setech.co.jp/)を起業しました。16年3月にはNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の起業家支援補助金に採択され、事業にはずみがつきました。この時に採択されたのは大学発のベンチャーばかりで、シニア起業者は関根さんしかいなかったそうです。その後、各種のビジネスコンテストにも入賞。いずれも事業の追い風になっています。

 「会社員時代には全然やったことのない経験をたくさんしました。起業すると、すべてを一人でこなす柔軟性が必要ですね」

 本当はもっと会社で仕事を続けたかったという関根さんは、「まだまだ活躍できる人材が、自分と同様に定年で辞めさせられている」と嘆きます。「肉体年齢で定年を決めるのではなくて、発想年齢で定年を決めてほしいものですね」。 (取材・構成:藤木俊明)

 ■片桐実央 起業コンサルタント、行政書士、FP、銀座セカンドライフ代表取締役。著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人〜定年後は、社会と繋がり、経験を活かす〜』(講談社)。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。