【「01」発想講座】AIで「ワーク・シフト」加速 たった1人の創作者に人・物・金・情報が集まる時代 (3/3ページ)

2017.05.02

米ウーバーのように新しい形のビジネスが次々誕生。それに伴い、人々のワーク・シフトも進む
米ウーバーのように新しい形のビジネスが次々誕生。それに伴い、人々のワーク・シフトも進む【拡大】

 物を所有するという価値観も薄れつつある。米ウーバーはタクシーの代わりとなる配車サービスから始まったが、もはやタクシーだけではなく、共有することすべてを「ウーバー」と言うようになった。大量生産・大量消費が衰退し、人や時間、資金なども含めたさまざまな資源を共有財産として安価に利用する時代へと移行しているのだ。

 AIを一般の人が利用できる日も近づいている。AIによる金融先物買いが主流になれば、証券・金融マンはもう勝ち目がなくなる。財務関係の書類もAIが瞬時に仕上げてくれるから、会計士はいらなくなる。膨大な判例を検索して確実に裁判に勝つ“AI弁護士”や、数千に及ぶ最新の医学論文をチェックして最適な治療メニューを提供する“AIドクター”も登場するだろう。知能指数10万の“AI家庭教師”が登場すれば、教員も不要になる。

 そうした、すぐ目の前に迫っている未来を想定し、どのようにワーク・シフトするべきか。すべての人たちに突きつけられた難問だ。 (久保田達也)

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。