「イーブックイニシアティブジャパン」 盤石な財務基盤で電子コミック分野トップを目指す

2017.05.10

(1)貸借対照表
(1)貸借対照表【拡大】

  • <p>(2)損益計算書</p>
  • <p>(3)キャッシュ・フロー計算書</p>

 本日は、電子書籍配信大手のイーブックイニシアティブジャパンをピックアップする。「eBookJapan」を運営する同社の経営状況は現在、どうなっているのだろうか。2017年3月期の決算書から、読み解いてみよう。

 まず、貸借対照表=〔1〕=を見てみよう。純資産が資産の61%以上もある。安全性の面では問題はない。しかも、保有している資産のほとんどが現預金という、キャッシュリッチな企業である。資本金と資本剰余金の金額が多額にあるため、株主からの出資により盤石な財務基盤を保っている。

 次に、損益計算書=〔2〕=を見てみよう。決算月を1月から3月に変更したため単純比較はできないが、売上高は約1・5倍の増加である。利益面では、前の年の赤字から黒字転換に成功した。しかしながら営業利益率は、わずか0・1%とほぼ損益トントンの状態である。

 最後にキャッシュ・フロー計算書=〔3〕=を見てみよう。本業のキャッシュの稼ぎを表す営業C/Fは順調に黒字をキープしている。投資も継続的に行っているため、投資C/Fはマイナスとなっているが、自己株式の処分などで財務C/Fをプラスとしてキャッシュの目減りを補填(ほてん)している。

 16年9月にヤフーと資本業務提携が完了。電子コミック分野での国内シェアNo.1を目指す同社の今後に注目である。 (川口宏之)

 ■かわぐち・ひろゆき 公認会計士、早稲田大大学院非常勤講師。1975年、栃木県出身。専修大経営学部卒。図を多用した会計に関するセミナーは会計の素人にも分かりやすいと評判。著書に『決算書を読む技術』(かんき出版)。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。