東証、2万円目前で足踏み

2017.05.16

 16日の東京株式市場は、米株価や原油先物の上昇を好感した買いが強まり、日経平均株価(225種)は反発した。朝方は2万円に迫ったが、その後は利益確定の売りに押され、大台の目前で足踏みした。終値は前日比49円97銭高の1万9919円82銭。

 東証株価指数(TOPIX)は4・23ポイント高の1584・23。出来高は約21億7400万株。

 市場では「好調な企業業績を背景に、投資リスクに前向きな市場参加者が増えた。ただ、2万円を突破するには一段の円安進行などの買い材料が必要だ」(大手証券)などの見方が目立った。

 朝方は、原油高を背景に、石油関連株や商社株などに買い注文が集まった。平均株価は一時約1年5カ月ぶりの高値となる1万9998円49銭まで上昇したが、その後は伸び悩み、下落に転じる場面もあった。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。