ファンが多いのも納得!「ジョイマーク・デザイン」下山さん、印象的だった「トップ直撃」インタビュー

2017.05.17

ジョイマーク・デザイン 下山好誼代表取締役(伴龍二撮影)
ジョイマーク・デザイン 下山好誼代表取締役(伴龍二撮影)【拡大】

 夕刊フジで毎週月曜日に掲載している「トップ直撃」の欄では、企業のトップの方に経営哲学から苦労話、プライベートまでざっくばらんに語っていただいています。

 会社を起業したり、大きな組織で出世レースを勝ち抜いて社長になったりするような人は、何か面白いエピソードや人を引きつける魅力を持っていて、インタビューしていて個人的に学ぶことも少なくありません。

 最近、話をうかがったなかで特に印象的だったのが、「ボートハウス」と「キャプテンサンタ」という2つのブランドをヒットさせたことで知られるジョイマーク・デザインの下山好誼(よしみ)代表取締役です。

 今年70歳になる下山さんですが、年の3分の1をハワイで過ごすとあって、日に焼けた肌と真っ白い歯が若々しく写真撮影のときのポーズも自然でかっこいい。

 成功エピソードを聞いても、「周りのみんなに助けられたからです」「幸運でした」と全く自慢する様子はありません。ブランドが社会現象になったのは1980年代ですが、いまでもボートハウスファン、そして下山ファンが多いというのも納得です。 (中田達也)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。