元タカラジェンヌが選んだ次の舞台 司会、ラジオに引っ張りだこ (1/2ページ)

2017.05.19

宝塚OGの高木さん、琉球放送のスタジオで
宝塚OGの高木さん、琉球放送のスタジオで【拡大】

 元タカラジェンヌ、サファイア玲子さん(本名・高木玲子、53)のネクストステージは波瀾(はらん)万丈だ。「子供の頃アナウンサーになりたかったんですが、父親がテレビで『ベルサイユのばら』を見て、これはお前にピッタリや」と宝塚歌劇団に入団。「お姫さまの格好がしたかったのに、背が高いから男役をやれといわれ、頭はリーゼントで決めてズボンをはかされて」。不満はあったが、7年間在籍した。

 東京・銀座の喫茶店で高木さんに会った。名刺の肩書は「メディアーレ」代表取締役とある。名刺の裏の事業案内には、セミナーの講師、キャリアコンサルティング、ウエディングプロデュースなど多種多様な仕事がびっしり並ぶ。

 結婚と同時に退団、子供が1歳半のときに離婚。その後、英国留学を経て、英会話講師、テレビリポーター、欧州系航空会社の客室乗務員の経験もある。

 大阪育ちの浪花女。話が熱を帯びると大阪弁になる。

 「いろいろやってみんと自分に何が合うのかわからへん。転職して人生のチャレンジをした方がいいのやないか」

 次々に自分のやりたいことにトライしてきた。核になっているのは結婚式やイベントの司会、セミナーの講師など「しゃべり」の仕事。タカラジェンヌは女優や歌手に転身するケースが多く、司会業は異色だ。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。