街を舞台に大活躍の浅草芸人「プッチャリン」 タクシー乗務は「生きるため」 (1/2ページ)

2017.05.26

「街がステージです」とプッチャリン。左は女弟子のアッチャリン
「街がステージです」とプッチャリン。左は女弟子のアッチャリン【拡大】

 全国的な知名度はないが、「プッチャリン」こと中島理一郎(なかしま・りいちろう)さん(67)は、東京・浅草では有名な芸人だ。山高帽にチョビひげ、えんび服、あの喜劇王チャプリンの扮装(ふんそう)で路上パフォーマンスを繰り広げている。

 福岡県久留米市の高校を卒業後、航空自衛隊に1年間勤務。大阪のお茶屋、ホテルマンなど転職を重ね、役者を目指して2トントラックに家財道具を積んで上京。牧伸二さんの付き人を振り出しに、東京ディズニーランドのダンサー、ストリップ劇場のコント、大衆劇団の役者などさまざまな仕事を経験。「月に40万ぐらい稼いだこともあった」が、次第に仕事が減少し家賃を払うのも困難に。

 現在、芸人の活動を続ける傍ら、日本交通グループのタクシー会社で運転手として働いている。ハンドルを握って22年、「苦情なし事故なし」のベテランだが、タクシーの運転手は「生きるための生業」で、本業は「芸人です」。

 1998年1月、仕事中にたまたまラジオでコメディアンの橋達也さんが『お笑い浅草21世紀』を木馬亭で旗揚げしたというニュースを聞いて、浅草へ。「日劇の牧伸二ショーに橋さんも出ていたんです」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。