V字回復へ、シャープ「8KとIoT世界を変える」も…現時点で8K放送計画はNHKのみ (1/2ページ)

2017.05.27

中期経営計画について説明するシャープの戴正呉社長=26日午後、堺市
中期経営計画について説明するシャープの戴正呉社長=26日午後、堺市【拡大】

 シャープは26日、今後3年間の中期経営計画を発表し、2020年3月期の連結売上高を17年3月期の約1.6倍の3兆2500億円とする目標を掲げた。営業利益は約2.4倍の1500億円を目指す。次世代の超高精細な画質「8K」に対応した製品を投入するなど、先端技術を使った事業を強化し、売り上げ拡大による業績改善を図る。

 同日発表した18年3月期の連結業績見通しは、最終利益が590億円になると予想。前期は248億円の赤字で、黒字は4年ぶり。売上高は前期比22.4%増の2兆5100億円を見込む。

 中期計画では、8Kなど液晶パネル関連の事業と、人工知能(AI)や、あらゆるものをネットワークでつなぐ「モノのインターネット(IoT)」事業を柱に据え、20年3月期の売上高をそれぞれ1兆円に積み上げると計画した。

 研究開発や生産体制の整備に向け、3年間で約4000億円を投資する考えも示した。

 8Kに対応した家庭向け液晶テレビの市場投入も視野に入れる。企業向けでは、スマートフォンのカメラ部品や車載製品の生産増強に取り組むほか、工場の自動化関連の事業も強化する。

 戴正呉社長は26日、堺市の本社で記者会見し「必ずV字回復を果たす」と表明。「市場の大きな米国で、条件が合えば液晶パネルの新工場を造りたい」とし、計画が遅れている工場建設に向け、改めて意欲を示した。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。