阪急阪神HD・角和夫社長「10年を一つの区切りと考えていた」

2017.06.01

阪急阪神ホールディングス・角和夫社長
阪急阪神ホールディングス・角和夫社長【拡大】

 「10年を一つの区切りと考えていた」と話すのは、阪急阪神ホールディングス(HD)の角和夫社長(68)。2006年の会社発足時から続けてきた社長職を、在任期間が10年を超えた節目で後任に託すことを決めた。6月からは会長になる。

 「阪急」「阪神」という2つのブランドを保ちつつ「一体感のある運営に最も注力した」と強調する。築き上げたグループの連携を基に、JR大阪駅北側の再開発区域「うめきた」2期への参画など事業拡大を目指す。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。