黄桜、酒造りの技生かしたクラフトビールを全国発売

2017.06.02

黄桜のクラフトビール「ラッキーキャット」(左3点)と「ラッキードッグ」
黄桜のクラフトビール「ラッキーキャット」(左3点)と「ラッキードッグ」【拡大】

 清酒メーカーの「黄桜」(京都市伏見区)が素材や製法にこだわった「クラフトビール」を全国発売した。原材料には大麦麦芽やホップのほか、同社の清酒に使用される伏見の名水「伏水」と酒米を取り入れており、酒造りで培ってきた技が生かされている。

 クラフトビールは350ミリリットル缶の2種類で、「ラッキーキャット」は柚子と和山椒が隠し味の軽快なタイプ。「ラッキードッグ」は大麦麦芽の香ばしさとホップのほんのりとしたかんきつ風味が楽しめる。

 ビール本来の香りと味わいが際立つ「ゆるやかろ過製法」を用い、本社工場内の醸造所や見学施設がある「伏水蔵」で製造した。

 同社の広報担当者は「醸造知識と経験を生かし、香りやうまみの繊細な部分までこだわって仕込んだクラフトビールを味わってほしい」と話している。

 いずれもアルコール度数5%で、販売価格は税抜き275円。6月9日には330ミリリットルびん(税抜き300円)も発売する。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。