GPIFの株買い上げの行方 効果は数カ月で「市場のカモ」に? (1/2ページ)

2014.04.24

連載:経済快説


GPIFの日本株買いを示唆した麻生財務相 (共同)【拡大】

 120兆円を超える公的年金の積立金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が注目されている。これまでの国内債券(主に国債)中心の運用方針を見直して、株式や外貨建て資産などに、資金を振り向けるのではないかという観測が出回っている。

 これを、消費税増税の悪影響を相殺するためのアベノミクスの次の一手と見る向きもある。

 麻生太郎財務相は18日、閣議後の会見で、「GPIFの動きが6月以降出てくる」と述べた。GPIFは建前上、独立した組織であり、麻生氏の発言は立場上不適切で全く困ったものだが、知っていることを言わずにはいられない氏の性格を考えると、政権内でも、GPIFのリスク資産運用拡大に期待する動きがあるのだろう。善悪の判断抜きに「予想」だけを申し上げるなら、GPIFは株を「買わされるだろう」と推測する。

 GPIFの全ての意思決定の責任者は理事長だが、積立金の運用方針をアドバイスする外部有識者による運用委員会があり、この委員全10人中7人が4月に任期を迎える。新たな委員に、積極運用派の人物を多く任命して、運用方針の見直しに着手し、資金が動き出すだろう。

 仮に5%の買い増しが決まると、GPIFだけで6兆円以上の金額になるし、他の年金資金にも影響が及ぶので、もう2兆円くらいの株式買いが出てくる計算になる。日経平均ベースでは数千円の幅で、株価が上がる可能性は十分ある。また、外貨建て資産の買い増しも決まる公算が大きいから、為替レートを円安に向ける効果もありそうだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!