「アクリーティブ」に注目 ドンキホーテの業務フロー短縮化 (1/2ページ)

2014.11.19

 日銀の追加金融緩和決定以降、日本株は大きく上昇し、終値ベースで1万7500円を超えました。しかし、17日、GDP速報値が2期連続のマイナス成長と発表されると、利益確定売りが大きく出て、日経平均株価は500円超も急落し、1万7000円を割り込みました。

 また、直近日本株市場全体が大きく上昇したことで短期的な過熱感が漂っています。GDPのマイナス成長をきっかけに、さまざまな銘柄が利益確定売りに押されて一時的に調整する可能性が高いと考えます。

 こうした局面では、好業績で投資家の注目を集めやすい銘柄に投資するのがいいでしょう。そこで注目するのが『アクリーティブ』(8423)です。同社は、卸・小売業者から買い取った売掛債権を早期に資金化するビジネスを手掛けています。債権買い取り先企業の経理業務の代行サービスも展開。

 ドンキホーテホールディングスの連結子会社で、ドンキホーテに対する売上高が約7割と大半を占めています。同社を「ドンキホーテの取引増加に伴い、業績拡大に期待が持てる銘柄」として注目したい。

 現在、訪日外国人観光客に対する消費税免税の品目が拡大したことで、日用品から家電製品までを取り扱うドンキホーテの販売は好調に推移。商品納入業者との取引も増加したことで、商品取引に伴う経理業務の負担も大きくなっています。同社サービスを利用することで、商品購入時に発生する、膨大な量の伝票処理の負担を大きく削減することができます。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。