「老化防止」の特許を取得した『アイビー化粧品』に注目 (1/2ページ)

2015.05.30

 27日の日経平均は9日続伸し、2000年4月13日以来、約15年1カ月ぶりの高値を連日で更新した。28日も堅調さを維持し10連騰し、1988年2月以来、ほぼ27年ぶりの記録だ。

 米連邦準備制度理事会(FRB)の年内の利上げ観測の強まりを背景に、外国為替市場で、ドル高・円安が進んでいる。このため、主力の輸出関連株中心に買いが入り、相場が押し上げられている。

 また、訪日観光客の旺盛なインバウンド消費が、国内の雇用・所得増につながり、輸出企業の賃上げと相まって、個人消費の力強い回復が見込める点も、投資家心理にポジティブに作用しているのだろう。

 まず、「アイビー化粧品(4918)」は、4月23日、特許取得を発表した。これが注目ポイント。発明の名称は「老化防止用皮膚外用剤」。皮膚真皮内の線維芽細胞を活性化し、加齢変化に伴うシワ、タルミなど、肌の老化症状を防止することができるという。

 2016年3月期通期業績予想は、売上高は48億円(前期比6・9%増)〜50億円(同11・4%増)、営業利益は4億円(同8・4%増)〜5億円(同35・5%増)と、増収・営業増益の見通し。レギュラー製品の底上げと、新製品「ラ ベーシック」および美容液「リンクル ローション」、「アクシール エッセンス」の拡販に取り組んでいく方針だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。